HOME > 2014新刊情報 > 入試基礎シリーズ

入試基礎シリーズ

苦手とする生徒が多い分野を中心に、基礎から得点力を高めるシリーズ

入試基礎シリーズ

◆よく出る、しかし生徒が苦手な問題を学習できる!

英語の英作文や数学の図形問題など、頻出の出題形式でも苦手としている生徒は多いです。しかし、本シリーズでは実際の入試問題を例題として、ていねいに解法の手順を示しているため、解く力が着実に身につき、実戦力を養うことができます。

見本申し込みはこちらから

  • 英語長文問題の基礎
  • リスニングの基礎
  • 関数・図形の基礎
  • 国語記述問題の基礎
  • 古典の基礎
  • 理科計算問題の基礎
  • 公民図表の基礎
  • 白地図・年表の基礎
  • サンプル・単元表

1.意味段落ごとに長文を分割

一つの長文を、意味段落ごとに複数の短いパートにわけています。パートごとに意味内容を問う設問があり、最後に長文全体に関わる内容を問う構成で、長文問題を読み解く際の手順をたどることができます。長文の語数は150語から350語までとなっており、入試最頻出の語数を無理なく演習することができます。

2.得点すべき問題を確実におさえる

入試では、選択問題などの正答率が高い問題を確実に得点することが求められます。得点すべき難易度の問題を徹底的に演習することで苦手を克服し、点の取りこぼしをなくします。

1.聞き取りのコツ・メモの取り方を習得

問題用紙から読み取れる情報に着目し、効率のよい音声の聞き取り方が学べます。あらかじめ示される選択肢や図表を手掛かりに、聞き取りのポイントやメモの取り方を工夫する技術・観点が身につきます。

2.リスニング対策の導入にも

「数」に着目する問題、「時間」に着目する問題のように単元ごとに同じパターンの問題が並んでいるため、時期を問わず、リスニング対策の導入としても使用できる難易度です。また出題の形式は、英文選択や図表の読み取りなど多岐にわたっているため、どの県においても有効な総合的な演習ができます。

入試の出題内容の大半を占めるが、苦手とする生徒が多い「関数」と「図形」の分野を、学年をまたいだ形式で、基礎から無理なく学習できる問題集です。解答解説は詳しく、丁寧に解法を掲載していますので、生徒の「わからない」「できない」を解消します。

1.無理なく取り組める仕組み

⇒「例題+ポイント」で解法を学び、類題は少しずつステップアップしながら解いていくので、基礎から導入が可能です。

2.問題を解くためのヒントも掲載

⇒問題には、解法のヒントとして、問題を解くための着眼点を示しているので、入試レベルまで確実に取り組めます。

3.作図問題の無料動画解説

⇒作図問題の答え合わせをよりわかりやすくするために、出題した作図問題すべてに、作図方法を動画解説として付録させました。動画を見るには、NTTラーニングシステムズのスマートフォン用アプリ「シラベテ」をご利用いただくか、WEBブラウザでTOPページの「動画解説」バナーから入ってください。以下のURLに直接アクセスしていただくこともできます。
http://kansuzukeinokiso.kogaku-pub.com/

1.小ステップで記述力を積み上げる

記述問題が苦手な生徒さんでも無理なく取り組めるよう、書き抜き問題~完全記述問題まで、小ステップで記述力を積み上げられる仕組みになっています。

2.記述問題で正解するためのポイントを掲載

記述問題で正解するには、読解力と記述力が必要です。各単元の学習テーマに沿って、読解と記述のポイントを掲載しています。

1.「基礎編」と「演習編」の2編構成で実戦力を身につける

「基礎編」では入試に頻出な知識の整理を、「演習編」では入試に頻出の文種・作品で実戦的な演習を行います。

2.入試によく出る知識に絞ってポイント整理

古典読解の基礎となる知識を「なぞる」→「演習問題」の流れでしっかりと習得し、初読の文章でも解釈できる力が養えます。

理科の計算問題を徹底的に基礎から学び直す問題集です。この問題集をやり切ることで、計算問題だからといって取り組まずに捨ててしまう生徒でも、正答率の高い計算問題は解けるようになります。

1.スローステップでレベルアップ

「例題」→「例題の練習」→練習問題の「答えの確認」→単位換算等の「演習問題」→そして最後が入試問題に挑戦する「チャレンジ問題」という、これでもかというくらいの超スローステップの問題構成で、業界一最も基礎基本を押さえられる仕組みとなっています。

2.入試直前の見直しにも使えるPoint

各単元の2ページ目上方にある公式と3ページ目のPointは、本当にここだけは押さえておこうということを端的に示してあるので、入試直前の見直しにも最適です。

1.一冊(32p)で公民全範囲を総チェックできる書き込みワーク

コンパクトなボリュームかつ単元内でレベルが上がらないワーク形式になっているので、生徒が抵抗感なく取り組むことができ、かつ本格的な入試対策用のまとめ教材の導入教材や併用教材としても使用することができます。

2.入試頻出のしくみ図・統計資料もきちんと確認

重要なしくみ図や統計資料を豊富に掲載して、ビジュアル的に学習できます。また、書き込む用語は、近年の入試を研究した頻出語と教科書の重要語。基礎から入試に向けて幅広い使用が可能です。

3.赤シートの使用で暗記本にもなる解答集

解答が本誌縮刷で、解答部分が赤刷りになっているため、解答の機能にプラスして、赤シートを使用した重要事項のまとめや暗記本としての使用も可能です。

1.白地図・年表を使ったワーク形式

コンパクトなボリュームかつ単元内でレベルが上がらないワーク形式になっているので、生徒が抵抗感なく取り組むことができ、かつ本格的な入試対策用のまとめ教材の導入教材や併用教材としても使用することができます。1冊で地理・歴史の復習ができます。

2.重要な地図・統計・資料もきちんと確認

白地図・年表を扱った重要用語の確認に加え、統計資料や史料・写真なども問題になっています。入試で問われやすい統計・史料も確認できます。

3.赤シートの使用で暗記本にもなる解答集

解答が本誌縮刷で、解答部分が赤刷りになっているため、解答の機能にプラスして、赤シートを使用した重要事項のまとめや暗記本としての使用も可能です。

このページの先頭へ